kanban2.JPG
 鍼灸のご予約は 
   名古屋市立大学病院、名古屋市博物館のすぐ南
   名古屋市営地下鉄『桜山』『瑞穂区役所』駅スグ
   名古屋駅から院まで地下鉄利用で27分
   名古屋市営バス『博物館』停留所スグ
   名古屋市瑞穂区東栄町の鍼灸院

名古屋のアトピー鍼灸 更紗(さらさ)はり灸院で笑顔のあしたを迎えよう!

鍼灸プロローグ > 症例 > アトピー性皮膚炎症例

flower-o.gif
アトピー性皮膚炎,他の症例

アトピーの患者さまを全力でサポートします

ilst-atopi.jpeg40代、女性の患者さん。

顔や肘,膝の内側にアトピー性皮膚炎が出やすく注意していたのだが、化粧をしたら眼の周りと口の周りが真っ赤になってしまい、翌日に来院されました。

鍼灸治療をして9日後、うっすら赤みがあるもののキレイになっている。もう一度治療して1週間後に確認すると治ったとのことで終了。

花粉も黄砂,PM2.5の影響もなさそうなタイミングでの急な悪化でしたが、早くに治まって良かったですね。

line-square.gif

20代、女性の患者さん。

1年前に転職してからアトピーが悪化。小学生のころから増悪緩解を繰り返して3年ほど前には治まっていたとのこと。頬と額、肘・膝の赤み、背中のカサツキで困っている。

週1回の鍼灸治療で様子をみていく。甘い物が大好きで、ついつい食べてしまう。ある時は黒糖ピーナツを1袋食べてしまうことも。おいしいから分かるんですけど‥。

11ヶ月通ってくださった間も増悪緩解を繰り返す。どういうわけか来院されるときには緩解されることが多いとのこと。結婚を機に引っ越しされるとのことで治療を終了しました。

いつも明るくて楽しい患者さんでした。笑顔で旦那さんを幸せにしてあげてくださいね。

line-square.gif

20代、女性の患者さん。

1ヶ月ほど前から顔にアトピー性皮膚炎が出始める。額、コメカミ、頬、鼻に赤みが出ている。

治療しながらいろいろなお話をしていると、『柿ピー』にはまっていてついつい大量に食べてしまうとのこと。
おかき類や辛い物は症状を悪化させるので少量に控えるようにお願いする。

2週間後にはだいぶ良くなってくる。さらに4週間後にはほとんど良くなる。3週おいて再度来院されたときも再発はしていないので終了とした。

『柿ピー』の他にも『〇ッピー〇ーン』を食べすぎると悪化することも判明。
と言うか、食べ物で悪化することを意外に知らなかったんだ。
他の患者さんにも確認しなきゃ、と気づかせてくれた患者さんでした。

line-square.gif

30代、女性の患者さん。

昨年の秋に手のアトピー性皮膚炎が悪化してきたとのことで1回だけご来院くださってから、10カ月ぶりの2回目のご来院。

『治療があまり気に入らなかったか?』と思っていましたが、1回目の治療の経過を聞いてみると、『前回の治療で調子良く、ずっと治まっていた』とのこと。

寝違いやぎっくり腰なら1回で済むことも多いが、アトピー性皮膚炎で1回で治ったというのは治療させていただいた側もビックリ。

今回も手のアトピーが悪化してきたとのことで、前回と同様に鍼灸治療を施す。治りが悪いようなら1週間後にまた診るということにして終了。3週間過ぎても連絡は無いので、今回も良かったのでしょう。

夏になると手が荒れやすいとのことでしたので、次は来年の夏でしょうか?お大事に。

line-square.gif

30代、女性の患者さん。

12歳までアトピー性皮膚炎で、数年に一度顔に湿疹ができる。昨年末に4,5年ぶりに発症した。1ヶ月たったところで改善しないため当院に来院される。

口の周囲が酷く荒れており、目の周囲は赤くなっている。

40日ほど、週1回の鍼灸治療を続ける。1ヶ月ほどで痒みもほとんど無くなり、赤みも引いてくる。まだ少し口角と唇に荒れがみられるが、お子さんが春休みに入るために一応終了。

このまま無事に治ることを祈っています。

line-square.gif

40代、女性の患者さん。

20代にアトピー性皮膚炎が治って以来よかったのだが、昨年の秋に顔面に発症。かゆみが強く、ピリピリして顔が動かしづらいとのこと。病院でステロイド剤をもらっているが、効きが悪くなってきたので当院を受診される。

3ヶ月、週2回の鍼灸治療を続ける。1ヶ月ほどでかゆいところも大分減り、2ヶ月過ぎたころにはかゆみが無くなる。念のためしばらく治療を続けながら様子をみるが、問題なくめでたく終了。

治療を始めたのが紫外線が強くなる時期だったので心配でしたが、頑張って治療に来て下さったかいがありましたね。

line-square.gif

口唇ヘルペス、40代、男性の患者さん。

昨年の11月から口唇ヘルペスが繰り返し出てくる。病院で薬を処方されても治らないので2月中旬に当院を受診される。

そのころから仕事も忙しく、診ると身体全体が疲れているうえに胃腸が弱っており、お腹も冷えている。胃腸を中心に身体を整えるよう鍼灸治療をしていく。

治療を始めてから口唇ヘルペスの再発はなく、痕も徐々にうすくなっていった。
今も体調管理のため週1回治療を続けている。

口唇ヘルペスは体調が崩れて免疫力が低下したときに、身体の中にいたウィルスが暴れだして口の周りに出てきます。体調が整っていないと薬を塗ってもすぐに再発してしまいます。顔面麻痺の原因にもなりますので、ウィルスをお持ちの方はお気を付けくださいね。

line-square.gif

30代、男性の患者さん。

小中学生のころからのアトピー性皮膚炎で、大学時代に悪化。それ以降、湿疹がずっとあるとのこと。両腕、両下肢、胸、背中、首と全体に赤みがあり、掻いて傷になっている。

病院の治療と週1回の鍼灸治療を並行していく。3年経って状態はかなり改善。胸と背中に絶えなかった掻き傷がそれほど見られなくなった。

仕事が忙しかったり、お酒を飲んだ後などに一時的に悪化するが、このまま落ち着くよう治療は続けていきましょう。

line-square.gif

40代、男性の患者さん。

高校生のころからアトピー性皮膚炎が悪化。身体全体に赤みがある。熱っぽいと本人は言うが、触ると腰のあたりは冷えている。

背中にハリを打たれて寝ていると沁みこんでくるようで気持ちが良いとのこと。鍼灸治療を始めて1ヶ月のころから、肌に油分が出てきて痒みも減ってきた。

ステロイドも含め、病院の治療をやめて3年。仕事が忙しかったりお酒を飲みすぎると一時的に悪化するが、落ち着いた状態でコントロールできています。

line-end.gif

更紗はり灸院
〒467-0017
名古屋市瑞穂区東栄町3-4-1
サクラ東栄レジデンス1F


メール予約できます

◇診療時間
   午前9時~12時
  月・火・水・金曜日
   午後3時~8時
  土曜日
   午後3時~6時

◇休診日
  木曜日、日曜日
  祝日は診療します

◇駐車場あり

地図
 名古屋市立大学病院、
 名古屋市博物館のすぐ南です
 名古屋市営地下鉄
 『桜山』『瑞穂区役所』スグ
 名古屋駅から院まで27分
 名古屋市営バス
 『博物館』スグ