kanban2.JPG
 鍼灸のご予約は 
   名古屋市立大学病院、名古屋市博物館のすぐ南
   名古屋市営地下鉄『桜山』『瑞穂区役所』駅スグ
   名古屋駅から院まで地下鉄利用で27分
   名古屋市営バス『博物館』停留所スグ
   名古屋市瑞穂区東栄町の鍼灸院

名古屋の鍼灸専門 更紗(さらさ)はり灸院で笑顔のあしたを迎えよう!

鍼灸プロローグ > よくある質問

bar-qa.jpg

Q1 はりは初めてなんですが痛くないですか?
初めて鍼灸治療を受けられる患者さまは皆さん不安に思われます。注射針のイメージで鍼灸治療を想像するとかなり痛そうですが、鍼灸の鍼(はり)は注射針の3分の1程度の細さなので痛みはそれほどありません。初めての患者さまのほとんどは『思ったほど痛くなかった』と言われます。お灸も熱く感じたら取り去りますので心配いりません(逆子治療のお灸は例外です)。あなたも治療が終わってみれば『な~んだ、こんな感じだったんだ』と納得されることでしょう。

Q2 時間はどれくらいかかりますか?
初回は患者さまの症状,体調を詳しくお聞きしてから治療しますので1時間半~2時間ほどかかります。2回目からは1時間ほどで終わります。
逆子治療は初回も2回目からも1時間みていただければ大丈夫です。

Q3 感染の心配はありませんか?
病院の注射針と同様に、鍼灸治療の鍼(はり)も患者さまお一人おひとりの使い捨てです。肝炎やエイズなどの血液感染の心配はありません。鍼をのせるステンレス皿も高圧蒸気滅菌されたものを患者さまごとに使用しています。どうぞご安心ください。

Q4 持っていくものはありませんか?服装は?
お持ちいただくものは特にありません。何か必要な場合はご予約のお電話でお知らせいたします。服装もカラダを締め付けないものであれば普段着で大丈夫です。膝から下にはよく鍼を打ちますので、膝から下の出しやすい服装であればなお結構です。女性の患者さまには治療に応じて着替えをご用意いたしますので、下着姿で治療をお受けいただくようなことはありません。もちろん着替えをお持ちいただいても結構です。

Q5 健康保険は使えますか?
『神経痛』『リウマチ』『頚腕症候群』『五十肩』『腰痛症』『頚椎捻挫後遺症』の6疾患については健康保険が使えますが、それには医師の同意が必要です。お悩みの症状が前述の6疾患に該当するのかは当院にお問い合わせください。
初回治療のあと、医師への依頼状と書類をご用意いたします。2回目以降、医師のサインが入った同意書をお持ちくださった日から適用させていただきます。
病院や接骨院と並行して同じ疾患を治療する場合は健康保険が使えませんのでご注意ください。

Q6 交通事故の治療はできますか?
自賠責保険、任意保険のいずれでも治療できます。まずは当院へのお電話と、つぎに保険会社の担当者にご連絡ください。保険会社の担当者と当院との間で相互に確認できたのち、治療を受けられるようになります。患者さまの窓口でのご負担金はありません。

Q7 労災保険は使えますか?
当院は愛知労働局から労災保険の指名施術所として指名を受けておりますので、担当医師に鍼灸治療を認める診断書を頂ければ労災保険は使えます。まずは担当医師にご相談ください。

line-end.gif

更紗はり灸院
〒467-0017
名古屋市瑞穂区東栄町3-4-1
サクラ東栄レジデンス1F


メール予約できます

◇診療時間
   午前9時~12時
  月・火・水・金曜日
   午後3時~8時
  土曜日
   午後3時~6時

◇休診日
  木曜日、日曜日
  祝日は診療します

◇駐車場あり

地図
 名古屋市立大学病院、
 名古屋市博物館のすぐ南です
 名古屋市営地下鉄
 『桜山』『瑞穂区役所』スグ
 名古屋駅から院まで27分
 名古屋市営バス
 『博物館』スグ