鍼灸のご予約は 
   名古屋市立大学病院、名古屋市博物館のすぐ南
   市営地下鉄『桜山』『瑞穂区役所』駅7分
   名古屋駅から院まで地下鉄利用で27分
   市営バス『博物館』停留所3分
   名古屋市瑞穂区の鍼灸院

名古屋市の自律神経失調症鍼灸院 更紗(さらさ)はり灸院で笑顔のあしたを迎えよう!

鍼灸プロローグ > 他の症状 > 自律神経失調症など

自律神経失調症などの患者さまを全力でサポートします

 自律神経失調症など

「体がだるい」「夜眠れない」「胸が苦しい」「食欲がでない」「便秘や下痢をくりかえす」「頭が痛い」‥などいろいろな症状があるのに、病院で診てもらっても何も異常が見つからないことがあります。不安になりますよね。そんなときは、本人の意思とは関係なく体の働きを調整している、自律神経の働きが乱れているのかも知れません。
鍼灸治療で自律神経の働きを整えて安心できる生活を取り戻しましょう。

自律神経には交感神経と副交感神経の2種類があって、脳の視床下部というところでコントロールされています。交感神経は体を活動的にし、副交感神経は体を休息させるように働きます。この2つがバランス良く働いていると健康でいられるのですが、ストレス社会に生きる現代人は視床下部の働きが乱れてしまい、交感神経が過剰に働く傾向にあって、さまざまな体調不良を引き起こしてしまいます。

また、視床下部はホルモン分泌もコントロールしているので、更年期によるホルモンの変動が自律神経の乱れを引き起こしてしまい、さまざまな症状が現れる「更年期障害」なども自律神経失調症のなかまです。

よくみられる自律神経症状には以下のようなものがあります。
 ・頭痛 ・頭が重い ・肩こり ・耳鳴り ・疲れがとれない ・眠れない
 ・動悸 ・胸苦しさ ・息苦しさ ・喉の違和感 ・めまい ・のぼせ ・冷え
 ・吐き気 ・胃もたれ ・腹痛 ・下痢 ・便秘 ・食欲がない ・頻尿
これらの症状が1~3個程度であれば問題ありませんが、沢山みられるようだと自律神経が乱れているのかも知れません。

今では自律神経失調症のことを、身体表現性障害だとか身体症状症,身体化障害など別の呼び方をすることもあります。また、ある程度まとまった症状のときは「過敏性腸症候群」「神経性胃炎」「逆流性食道炎」「緊張型頭痛(緊張性頭痛)」「片頭痛(偏頭痛)」などの診断名が付きます。

治療はまず、上向きで胸腹部,肘・膝から先にある気血・五臓を調えるツボにハリを打ち数分おきます。次に、うつ伏せで背中,膝から先にある気血・五臓を調えるツボにハリを打ちます。その他、患者さまのお悩みの症状に合わせて処置が加わります。

治療は週に1,2回で進めます。

また、患者さま自身でもこれまでの生活を見直していただくことが大切です。起床・就寝を規則正しくする、朝食をしっかりと取る、ストレス発散する時間をつくる、などなど。むずかしいとあきらめずに、出来るところから少しずつ変えていきましょう。

更紗はり灸院
〒467-0017
名古屋市瑞穂区東栄町3-4-1
サクラ東栄レジデンス1F



メール予約できます


◇診療時間
  〇午前9時~12時
  月,火,水,金曜日
  〇午後3時~8時
  土曜日
  〇午後3時~6時

◇休診日
  木曜日、日曜日
  祝日は診療します

◇駐車場あり


地図
 名古屋市立大学病院、
 名古屋市博物館のすぐ南です
 市営地下鉄
 『桜山』『瑞穂区役所』7分
 名古屋駅から院まで27分
 市営バス『博物館』3分