鍼灸のご予約は 
   名古屋市立大学病院、名古屋市博物館のすぐ南
   名古屋市営地下鉄『桜山』『瑞穂区役所』駅スグ
   名古屋駅から院まで地下鉄利用で27分
   名古屋市営バス『博物館』停留所スグ
   名古屋市瑞穂区東栄町の鍼灸院

名古屋の股関節痛鍼灸 更紗(さらさ)はり灸院で笑顔のあしたを迎えよう!


股関節痛

股関節痛の患者さまを全力でサポートします

股関節が痛いと辛いですね。椅子から立ち上がるだけでも痛い。買い物に行くのも気が滅入る。股関節をかばって歩くから他のところまで痛くなってしまう。お友達と出掛けたくても迷惑をかけてしまうのでお誘いを断ってしまう。痛みのない生活に戻りたいですね。鍼灸はそんなあなたのお力になれます。

急性の股関節痛と慢性の股関節痛とで治り方がわかれます。

急性・慢性いずれも、ほとんどの患者さまが1回目の治療直後に症状の改善を自覚されます。

股関節痛になる直前2,3日のあいだに『長い時間歩いた』『下半身を冷やした』『下肢を使う運動をした』などの原因がある場合が急性にあたります。痛みはあるが股関節はほぼ正常な範囲で動かせる場合、股関節周囲の筋肉が緊張したままになっているため股関節に負担がかかり痛みが出ています。また、変形性股関節症のごく初期のこともあります。東洋医学的に診ても五臓の不調をともなっています。

股関節痛になる直前にとくに思い当たる原因はないが、『歩くと痛い』『何かの拍子に痛む』などの症状が出てきたときも、変形性股関節症が疑われます。

治療はまず、うつ伏せで背中にある五臓を調えるツボと腰からでん部・太ももにハリを打ち数分おきます。次に、上向きでふとももと、膝から先にある五臓を調えるツボにハリを打ちふたたび数分おきます。その後、必要に応じ股関節のストレッチを行います。

治療回数は週に1,2回の治療を行います。変形性股関節症などがかくれていなければ1,2週で終了しますが、変形性股関節症などの場合は1,2ヶ月ほど様子をみながら継続します。

以前に股関節を痛めたところが再発したきた、以前から変形性股関節症をわずらっていて最近痛みがひどくなってきた場合などは慢性にあたります。

原因の疾患により痛みの成り立ちはさまざまですが、股関節周囲の筋肉が緊張して股関節に負担がかかっていることが多く診られます。代表的な変形性股関節症の場合では、股関節の軟骨が擦り減り動きが制限されるため筋緊張を引き起こします。また、東洋医学的に診て五臓の不調をともなっています。

治療は原因疾患、痛みの部位、腫れの程度により変わりますが、おおむね急性期の治療に準じます。

治療回数は週に1,2回の治療を継続して行います。慢性の股関節痛の場合は、患者さまご自身の努力も大切です。適度な運動をする。股関節周囲の筋肉を鍛える、体重を減らす、などにより痛みの出にくいからだにしましょう。

更紗はり灸院
〒467-0017
名古屋市瑞穂区東栄町3-4-1
サクラ東栄レジデンス1F


メール予約できます


◇診療時間
   午前9時~12時
  月・火・水・金曜日
   午後3時~8時
  土曜日
   午後3時~6時

◇休診日
  木曜日、日曜日
  祝日は診療します

◇駐車場あり


地図
 名古屋市立大学病院、
 名古屋市博物館のすぐ南です
 名古屋市営地下鉄
 『桜山』『瑞穂区役所』スグ
 名古屋駅から院まで27分
 名古屋市営バス
 『博物館』スグ