鍼灸のご予約は 
   名古屋市立大学病院、名古屋市博物館のすぐ南
   名古屋市営地下鉄『桜山』『瑞穂区役所』駅スグ
   名古屋駅から院まで地下鉄利用で27分
   名古屋市営バス『博物館』停留所スグ
   名古屋市瑞穂区東栄町の鍼灸院

名古屋のアトピー鍼灸 更紗(さらさ)はり灸院で笑顔のあしたを迎えよう!

鍼灸プロローグ > 他の症状 > アトピー性皮膚炎


アトピー性皮膚炎

アトピーの患者さまを全力でサポートします

アトピーにはこうした方がいいと分かっていても、仕事のためについつい無理をして悪化させてしまうことはよくありますよね。夜中の痒みで知らず知らずのうちに掻いてしまい自己嫌悪。赤黒くなっている肌を見て「どうして自分だけ‥」と辛い思いをしている方は沢山いらしゃいます。そんなあなたのお力に少しでもなれれば幸いです。

アトピー性皮膚炎は、親からの遺伝、食物・ハウスダスト・花粉などのアレルゲン、ストレス、乾燥肌などの因子が影響しあって発症します。

病院の治療では、保湿剤、抗ヒスタミン剤、抗アレルギー剤、ステロイド剤、安定剤などが処方されるとともに、アレルゲンの排除、生活習慣の見直しなどの指導がなされます。しかしながら残念なことにアトピー性皮膚炎の治療技術はまだ確立されておらず、緩解される患者さまがいる一方で症状が改善せず苦しんでいる患者さまも少なからずいらっしゃいます。

アトピー性皮膚炎は東洋医学的に診ると風(フウ)、湿(シツ)、熱(ネツ)の3つの邪(ジャ)が引き起こしています。それら3つの邪を生む原因は大きく以下の3つに分かれます。

仕事、人間関係その他のさまざまなストレスからくる気の停滞・気の上逆・気の化火などが風、熱を生む、五臓の肝の不調が原因のもの。

胃腸の弱りや、脂っこいものや甘いものなどの過食から湿、熱を生む、五臓の肝の不調が原因のもの。

加齢や長患いなどにより気血(キケツ)が不足し、血が皮膚を栄養できなくなり風を生む血不足が原因のもの。


鍼灸治療では、アトピー性皮膚炎も含めた全身の状態から気血・五臓いずれが原因であるかを突き止めて治療します。

治療はまず、うつ伏せで背中にある熱を下げるツボや気血・五臓を調えるツボにハリを打ち数分おきます。次に、上向きで肘・膝から先にある気血・五臓を調えるツボにハリを打ち数分おきます。その後、状態をみながらお灸を加えることもあります。

病院で処方されているお薬と並行して治療をおこなっても問題ありません。

治療を週に1,2回継続していくと、肌の乾燥がやわらぐなど徐々に症状が改善していきます。多くの場合、治療期間は長期に及ぶので焦らずに気長に続けていきましょう。

尚、20歳以上の方のみを対象とさせていただいております。

更紗はり灸院
〒467-0017
名古屋市瑞穂区東栄町3-4-1
サクラ東栄レジデンス1F


メール予約できます


◇診療時間
   午前9時~12時
  月・火・水・金曜日
   午後3時~8時
  土曜日
   午後3時~6時

◇休診日
  木曜日、日曜日
  祝日は診療します

◇駐車場あり


地図
 名古屋市立大学病院、
 名古屋市博物館のすぐ南です
 名古屋市営地下鉄
 『桜山』『瑞穂区役所』スグ
 名古屋駅から院まで27分
 名古屋市営バス
 『博物館』スグ